ファーブル・ルーバ レイダー・シースカイ 00.10103.08.52.31

東京ヤクルトスワローズは1950年に国鉄スワローズとしてスタートしました。伊藤智仁投手、石井一久投手、石川雅規投手…と球界を代表する伝説のエースがこのチームより生まれ、今日では小川泰弘投手がその系譜を受け継いでいます。東京ヤクルトスワローズは、選手たちがベストを尽くせる環境づくりを常に目指してきました。こうした信念を持ったチーム作りにより、各々の選手たちが素晴らしい成績を残してきました。そして、これまでのどんな困難な時代においても、チームは常に選手たちと寄り添う存在であり続けてきたのです。

1737年に創業したファーブル・ルーバは、現存する時計ブランドでは世界二番目に長い歴史を有します。ファーブル・ルーバも東京ヤクルトスワローズと同じ信念を抱き、スイス時計産業において挑戦することを恐れず、時計の革新を起こしてきました。その象徴とも言えるのが20世紀半ば、1960年代の世界初の高度計搭載の腕時計「ビバーク」や、同じく世界初の潜水系搭載の腕時計「バシィ」の発表です。現代においても、その信念を継承し、実用的な腕時計を世に送りだし、国際的な賞を獲得してきました。ファーブル・ルーバの大切にしてきた信念こそが、限界に挑戦し続ける人々にとって理想的なパートナーであり続けてきた理由です。

この信念は、小川泰弘投手にも象徴されることです。小川投手は入団一年目より活躍し、エースとしてチームを支えてきました。新人王を獲得し、5年連続100奪三振という偉業の達成には、小川投手の「努力を怠らず、上を目指し続ける姿勢」とそれを支える信念が不可欠でした。

「上手くなることへの渇望」「忍耐」「創意工夫」という信念こそが、長きにわたる成功の秘訣と私たちは信じます。東京ヤクルトスワローズ、小川泰弘投手、ファーブル・ルーバはより上手くなることを渇望し、そのための忍耐を惜しみませんでした。そしてその中で創意工夫を重ねてきました。だからこそ、最高のパートナーなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です