外見からルイヴィトン偽物を見分けるポイント

シリアル以外にも偽物を外見から判別できるポイントもあります。

誰にでも簡単に偽物だと見分けられるポイントだけを解説していきます。

品物に必ず記されているルイヴィトンのロゴですが、偽物を見分ける上で、もっとも大きなポイントの一つです。

上記の写真の品物も、右側が精巧な作り偽物ですが、字体などを比べると若干違うのがわかると思います。

これ以外にも「Louis Vuitton」の「o」の部分が楕円になっているなどのケースもあり、本物の字体と比較すると、偽物は「ロゴが少し違う」というケースがほとんどです。

ちょっとでも違和感があれば、正規のロゴと見比べてみると良いと思います。

金具の形状が異なる・妙に安っぽい
少し抽象的な表現になってしまいますが、偽物の場合は金具部分に安っぽさが感じられます。

ロゴの溝が浅かったり、綺麗に研磨されていなかったり、面取りがしっかり行われていない場合は要注意です。

金具に変な線が残っていたり、作りが粗いと感じる品は偽物のケースが多いです。

素材感では判別が難しい
それとよく言われるのが「素材感」ですが、正直素材感だけで素人の方が見極められるのは、よほど稚拙な偽物のみです。

ルイヴィトンはPVCレザーという特殊な人工皮革を使用していて、これ自体はそこまで製造が難しいものではありません。

触って判別するのは非常に難しいです。

実際に正規品と模造品を比べて違いを比較

実際にルイヴィトンの「バケット」というバッグの、正規品と偽ブランド品を比較してみます。

まず上記の写真だと、左が本物、右が模造品になります。

そして前提として、模造品の方も「本物としてネットで売られていた品」になります。

ぱっと見は偽物もそれなりの品質に見えますが、細かな部分を比べていくと作りが雑なのがわかります。

金具の作りが異なる
まず一番違いがわかるのが金具部分の作りです。

これに関しては「持ち手の金具」と「底鋲」が大きく異なっていました。

持ち手の金具の形状が違う

そもそも作りが違います。そして金具も正規品は丸みがあるのに対して、模造品は角ばっています。

知っていなければわからないですが、これは正規品と比べれば一目瞭然なので、正規品の写真などをネットで探して、見比べればすぐにわかります。

知っていましたか?コピー商品には「ランク」があります

1.コピー製品には、誰が見ても偽物だと分かる物から、材料の質、機械の性能が本物と同等で精巧に作られた物まで、以下のようなランクがあります。

2.精巧なコピーの代名詞である「N品」と言われるものでも、本物の仕上げには及ばないため、見分け方を知っている人ならば偽物だと分かります。あなたがコピー製品を持ち歩いていたら、必ず誰かがコピーだと見破っています。

A品とは、誰が見ても粗悪さがわかる程度のもので、大量に出回っています。材料の質が低く、バッグは、人工皮革を使用しています。時計もバッグも金属部品の材質、加工技術の粗悪さが目立ちすぐに偽物だとばれるレベルです。持ち歩くのが恥ずかしい物と考えてください。

S品とは、天然の革を使用していますが、そのランクは低いものです。革の経年変化は著しく使っていると本物ではあり得ないほどに変色します。時計では日本製のムーブメントを使用しておりますが、金属部分の品質が明らかに低く本物には及びません。

高級な天然革を使用していますが、ブランドが使用しているものよりランクが落ちます。金属部分、刻印なども本物とは違いますので、よく観察すれば、コピー商品だと分かります。時計ではスイス製のムーブメントを使用していて、クロノなども精巧に動きます。

スーパーコピー時計とは、精巧に作られたコピーです。バッグの場合、材料は、革も金属もブランドがセレクトして使用している物と同じ物を使用しています。プリントや縫製も本物同等の仕上げで、普通の人にはなかなか本物と見分けがつかないレベルですが、本物を愛して使っている人が見ればその差は明らかです。時計ではスイスのETAなど高級ムーブメントを使用していますが、文字盤、金属部分の仕上げなどが本物とは微妙に違います。

Topkopi偽物商品、こちらも残念ながら経験豊富な鑑定士でないと判断できないでしょう。