外見からルイヴィトン偽物を見分けるポイント

シリアル以外にも偽物を外見から判別できるポイントもあります。

誰にでも簡単に偽物だと見分けられるポイントだけを解説していきます。

品物に必ず記されているルイヴィトンのロゴですが、偽物を見分ける上で、もっとも大きなポイントの一つです。

上記の写真の品物も、右側が精巧な作り偽物ですが、字体などを比べると若干違うのがわかると思います。

これ以外にも「Louis Vuitton」の「o」の部分が楕円になっているなどのケースもあり、本物の字体と比較すると、偽物は「ロゴが少し違う」というケースがほとんどです。

ちょっとでも違和感があれば、正規のロゴと見比べてみると良いと思います。

金具の形状が異なる・妙に安っぽい
少し抽象的な表現になってしまいますが、偽物の場合は金具部分に安っぽさが感じられます。

ロゴの溝が浅かったり、綺麗に研磨されていなかったり、面取りがしっかり行われていない場合は要注意です。

金具に変な線が残っていたり、作りが粗いと感じる品は偽物のケースが多いです。

素材感では判別が難しい
それとよく言われるのが「素材感」ですが、正直素材感だけで素人の方が見極められるのは、よほど稚拙な偽物のみです。

ルイヴィトンはPVCレザーという特殊な人工皮革を使用していて、これ自体はそこまで製造が難しいものではありません。

触って判別するのは非常に難しいです。

実際に正規品と模造品を比べて違いを比較

実際にルイヴィトンの「バケット」というバッグの、正規品と偽ブランド品を比較してみます。

まず上記の写真だと、左が本物、右が模造品になります。

そして前提として、模造品の方も「本物としてネットで売られていた品」になります。

ぱっと見は偽物もそれなりの品質に見えますが、細かな部分を比べていくと作りが雑なのがわかります。

金具の作りが異なる
まず一番違いがわかるのが金具部分の作りです。

これに関しては「持ち手の金具」と「底鋲」が大きく異なっていました。

持ち手の金具の形状が違う

そもそも作りが違います。そして金具も正規品は丸みがあるのに対して、模造品は角ばっています。

知っていなければわからないですが、これは正規品と比べれば一目瞭然なので、正規品の写真などをネットで探して、見比べればすぐにわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です