ここ数十年の間に、フランスの時計製造はどのように進化してきたのでしょうか?

1970年代後半、スイスと同様にフランスの時計産業も崩壊しました。しかし、スイスのハイエックやビバーのような人たちが、スイスの時計製造を産業に変えたのです。最初は職人がいたのですが、“Swiss Made”という強力なラベルを導入したことで、産業として成り立つようになりました。一方、フランスでは同じことができませんでした。そして現在、フランスの時計職人のほとんどはスイスの時計産業で働いています。スーパーコピー時計働く人の50〜80%はフランス人なのです。

高品質♪ロレックス デイトナ 116576TBR 【スーパーコピー】

ロレックス デイトナ 116576TBR
型番 116576TBR
機械 自動巻き
材質名 プラチナ
宝石 ダイヤモンド
タイプ メンズ
文字盤色 アイスブルー
ケースサイズ 40.0mm
機能 クロノグラフ
付属品 内・外箱

私は80年代半ばに時計製造を学びましたが、フランスよりもスイスで歓迎されました。フランスでは時計製造の将来をまったく考えていない企業家たちがいました。彼らは非常に保守的で、10年後にはすべてが消滅していました。

時計製造において、スイス人とフランス人の間にヒエラルキーはありません。私たちは皆同じで、同じ文化を共有しています。まるで一つの国のように、時計製造の国なのです。ポイントは業界ではなく、クリエイションやアートにあります。ファッション、アート、クリエイションの分野でフランスが評価されているからこそ、フランスの時計メーカーは何かを与えられるのです。

“Swiss Made”は、腕時計に関してはもちろん非常に強いです。それをユティナムはクロックで実現しようとしているのです。“French Made”を成功の柱として確立するために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です