奥深いツイードの世界へ。シャネル2022/23年秋冬 プレタポルテ コレクション ショーが公開

色や素材、パターンの組み合わせ次第で幅広い表現ができる、奥深いツイードの世界が探求された、シャネルの2022/23年秋冬 プレタポルテ コレクション。ツイード川がイメージされたランウェイに、ブラック&ホワイトのツイードパターンの壁面、そしてモデルたちが登場するステージに飾られた「CHANEL」のレタリングロゴはカラフルなツイード柄であしらわれ、ツイードの魅力溢れる空間が演出されました。

グッチ●GG ツイード ジャケットコピー 組み合わせ素敵です エレガント

ライトブルー&ピンクのGGツイード

アイボリー リボン トリム

ラッカーフィニッシュ フラワー ボタン

ライニング付き

フロント ポケット

コットン 70%、ウール 28%、ヴィスコース 2%

メイド・イン・イタリー

モデルの身長:約177 cm、着用サイズ:40

1920年代半ば、ガブリエル シャネルがスコットランドを旅行していた時に出合ったというツイード。その土地の植物が醸す憂いのある色合いやハイランド地方の美しさにインスパイアされ、これまでにない特別な色を作り出すよう、職人に依頼したといいます。

それまでは男性のアウトドアファッションの素材として扱われていたツイードは、シャネルがスーツに取り入れたことで都会的なアイテムに昇華。1983年以降は、カール ラガーフェルドがアクセサリーなどのファッション小物にも採用し、コレクションのすべての要素に展開されるようになりました。

「シャネルでは私はツイードなしでは考えられません」と語るヴィルジニー・ヴィアールは、今回のコレクションでシャネルの伝統を継承するツイード素材に、新たな解釈を加えました。

【関連記事】:http://bskoshi2.com/wp-includes/pomo/diary.cgi

0 thoughts on “奥深いツイードの世界へ。シャネル2022/23年秋冬 プレタポルテ コレクション ショーが公開”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です