ここ数年以上、時計と時計製造に携わっている人なら誰でも覚えているだろうが、昔々、大見本市が毎年開催されていた。

全盛期のバーゼルワールドは、LVMHグループ傘下のブランドからスウォッチグループ全体、さらにはパテック フィリップやロレックスコピーなど、1000社以上が出展する大規模なものだった。パネライやIWCなどリシュモングループのブランドが中心で、そのなかにはオーデマ ピゲなど他のブランドも含まれていた。

1.超激安 ロレックス デイトナ 6263 コピー レプリカ MK1ダイヤル 黑

手巻デイトナの最終型で、クラシックな雰囲気のプラスチックベゼルを備えた人気モデル。コンディションの良いモデルは希少です。
シリアル番号から1979年頃製造のモデルと思われます。
ヴィンテージとして良好なコンディションを保っています。

2.パテック フィリップ 2020新作 5303 ミニット・リピーター・トゥールビヨン

新作「5303 ミニット・リピーター・トゥールビヨン(5303 Minute Repeater Tourbillon )」はダイアル側にチャイム機構を搭載する初のモデル。当初、これは2019年の《ウォッチアート・グランド・エグジビション・シンガポール2019》に出品された12個の限定製造品であったが、細部を変更して現行コレクションに加えられたのである。

3.パネライ サブマーシブル クロノ ギヨーム・ネリー エディション 47MM PAM00982

チタン製ケースがベゼルにあしらわれたセラミックディスクのブルーとブルーの針、ブルーのラバーストラップと見事に調和しています。 また、このタイムピースはフライバック機能とゼロリセットセコンドを備えた正確なクロノグラフであり、時報と完全に一致させることができます。 ケースバックには、ギヨーム・ネリーの署名が刻印されています。

4.IWC 2020新作 ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー・トゥールビヨン IW504504

12時にトゥールビヨンを設定するために6時の月表示ディスクの先送りリングを切り抜き、そこにムーンフェイズを設置した「ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー・トゥールビヨン」。9時には曜日表示、8時に4桁表記の西暦、3時には日付と7日間(168時間)パワーリザーブが表示される自社ムーブメントの自動巻きCal.51950搭載。当キャリバーのトゥールビヨン・キャリッジは82個の部品で構成され、その重さはわずか0.635グラム。永久カレンダーは各月の日数の違いを自動的に判別するだけではなく、4年に1度、2月末日に1日を追加する機械式プログラムが設定されている。18K Armor Gold®ケースのブティック限定品とプラチナケースの2モデルが用意され、いずれも世界限定50本となる。

5.オーデマ ピゲ スーパーコピーCODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ オートマティック 15210CR.OO.A002CR.01

両面反射防止加工サファイアクリスタルガラス製風防とケースバック

【関連記事】:hacopy 届かない

0 thoughts on “ここ数年以上、時計と時計製造に携わっている人なら誰でも覚えているだろうが、昔々、大見本市が毎年開催されていた。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です